日テレNEWS
スポーツ
2022年6月24日 21:33

「敵ながら見とれてしまうな」ヤクルト高橋奎二 6回4被安打2失点

「敵ながら見とれてしまうな」ヤクルト高橋奎二 6回4被安打2失点
6回4被安打2失点のヤクルト高橋奎二投手

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルトー巨人(24日、神宮球場)

今季チーム最多タイの5勝をあげているヤクルトの先発・高橋奎二投手が6回4被安打2失点で、自己最多となる6勝目の権利を持ってマウンドを降りました。

高橋投手は初回、巨人打線に2アウト2、3塁とピンチの場面を迎えると、打席には直近5戦で18打数8安打と好調の巨人・坂本勇人選手。

その坂本選手に対してすべてスライダーで勝負した高橋投手。坂本選手が放った3球目の打球はセンターフライとなり、初回を無失点で切り抜けます。

さらに2回には四球を許したものの、この回3つの三振を奪い観客を盛り上げると、その後は4回5回と3者凡退に抑える見事なピッチング。高橋投手は6回4被安打4奪三振2失点の活躍で、自己最多となる6勝目の権利を持ってマウンドを降りました。

この高橋投手の投球にSNSでは「よく踏ん張った!」「敵ながら見とれてしまうな」という声が上げられています。