日テレNEWS
スポーツ
2022年7月17日 15:37

日本ハム・伊藤大海 7奪三振・無失点で迎えた6回に投球乱れ押し出しで失点

日本ハム・伊藤大海 7奪三振・無失点で迎えた6回に投球乱れ押し出しで失点
6回、押し出しで失点した日本ハムの先発・伊藤大海投手

◇プロ野球パ・リーグ 日本ハム―西武(17日、札幌ドーム)

初回に2点を先制した日本ハムの先発は伊藤大海投手。5回まで7奪三振で無失点の好投を見せていました。

6回、西武の先頭打者・愛斗選手のヒットや四球でノーアウト1・2塁のピンチに。その後、打席にはリーグ本塁打ランキングトップ独走中の山川穂高選手。3球目のスライダーをレフトへ打ち返され、満塁のピンチとなります。

ここで外崎修汰選手が打席に立ちましたが、伊藤投手は投球が乱れて3球連続のボール。4球目も高めに外れ、押し出しで失点しました。
伊藤投手はこの直後に河野竜生投手と代わってマウンドを降りました。

河野投手はその後、タイムリーを打たれるなど、この回4失点で日本ハムは逆転されました。