×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 久保建英 シュートが相手の肘付近直撃もハンド判定ならず「これがハンドじゃなければ何がハンドなんだ」CL初ゴールはお預け

久保建英 シュートが相手の肘付近直撃もハンド判定ならず「これがハンドじゃなければ何がハンドなんだ」CL初ゴールはお預け

2023年10月25日 12:26
久保建英 シュートが相手の肘付近直撃もハンド判定ならず「これがハンドじゃなければ何がハンドなんだ」CL初ゴールはお預け
シュートを放つも防がれた久保建英選手(写真:アフロ)
UEFAチャンピオンズリーグ グループD第3節 レアル・ソシエダ1ー0ベンフィカ(日本時間25日、エスタディオ・ダ・ルス)

レアル・ソシエダの久保建英選手は、日本時間25日のベンフィカ戦に右サイドハーフとしてスタメン出場を果たします。

0ー0で迎えた前半34分、物議を醸すプレーが生まれました。久保選手がペナルティエリア内でシュートを放つと、相手ディフェンスの肘付近に直撃。

久保選手やその他ソシエダの選手は猛アピールをしましたが、ハンドの判定は下されることはなくプレーは続行。

PKが与えられれば久保選手にとってCL初ゴールとなりうる絶好のチャンスでしたが、アンラッキーな判定となりました。

この判定にSNSでは「これがハンドじゃなければ何がハンドなんだ?」、「絶対ハンドでしょ」と疑問の声が噴出しています。

チームはその後、後半18分にブライス・メンデス選手のシュートで1点を先制し、2連勝を決めました。