×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • あと1本が出ない阪神打線 7回までに2ケタ安打も・・・得点は『1』 毎回ヒットも残塁は『11』

あと1本が出ない阪神打線 7回までに2ケタ安打も・・・得点は『1』 毎回ヒットも残塁は『11』

2023年8月11日 20:56
あと1本が出ない阪神打線 7回までに2ケタ安打も・・・得点は『1』 毎回ヒットも残塁は『11』
阪神・岡田彰布監督
プロ野球セ・リーグ 阪神ヤクルト(11日、京セラドーム)

阪神打線がヤクルトの投手陣の前に2ケタ安打を放つも、残塁の山を築き1得点に抑えられています。

阪神は初回、4番大山悠輔選手のタイムリーヒットで1点を先制。

好スタートを切りましたが、続く2回、3回も満塁のチャンスを作るも、3番森下翔太選手、9番村上頌樹投手がそれぞれ三振に倒れ無得点。その後も、毎回安打でランナーを出すも、ことごとく得点にはつながらず2点目以降が遠い状況となります。

1-1で迎えた7回には、先頭の大山選手がレフトフェンス直撃のヒットとなるチーム10安打目。しかしツーベースを狙う際に、1塁ベースを回ったところでバランスを崩す走塁ミス。最終的には2塁タッチアウトで得点にはつながりませんでした。

7回終了時点で2ケタ安打も、残塁11で得点1、勝負所での1本が出ない苦しい展開となっています。