×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • “4回で100球”ヤクルト先発・高橋奎二 再三ピンチも阪神打線を1失点 三者凡退はなし

“4回で100球”ヤクルト先発・高橋奎二 再三ピンチも阪神打線を1失点 三者凡退はなし

2023年8月11日 19:59
“4回で100球”ヤクルト先発・高橋奎二 再三ピンチも阪神打線を1失点 三者凡退はなし
ヤクルトの高橋奎二投手
プロ野球セ・リーグ 阪神ヤクルト(11日、京セラドーム)

4連勝中のヤクルトは、7連勝中の阪神と好調同士の対決。3連戦のカード初戦を任されたのは高橋奎二投手。

立ち上がりの初回、先頭打者の近本光司選手に四球を与えると、その後のピンチで4番大山悠輔選手にタイムリーヒットを打たれ、先制を許します。

続く2回、3回もフォアボールなどでランナーを出し、2イニング連続で満塁のピンチ。それでも、両イニングとも最後は三振で3アウトを奪い、無失点で切り抜けます。

1-1の同点で迎えた4回、2本の安打で2アウト1、2塁のピンチ。このピンチでも5番ノイジー選手をチェンジアップで三振。4回で球数は100球となりましたが、勝ち越しは許しませんでした。

高橋投手は5回までを投げきり、今季最多の114球。被安打8、与四球3と苦しむも7奪三振でしのぎ、粘りの投球を見せています。