×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【高校サッカー注目・北海道】2大会連続12回目の出場・北海高校 リベンジの先にある全国1勝へ

【高校サッカー注目・北海道】2大会連続12回目の出場・北海高校 リベンジの先にある全国1勝へ

2022年12月26日 17:15
【高校サッカー注目・北海道】2大会連続12回目の出場・北海高校 リベンジの先にある全国1勝へ
キャプテン・桜庭平良選手
12月28日に開幕する第101回全国高校サッカー選手権大会。2大会連続12回目の全国大会出場となる北海道代表・北海高校の初戦は、29日に行われる長崎県代表・国見高校との1回戦です。今回は北海のチームの特長と初戦の意気込みをご紹介します。

■稲妻のような攻撃

北海が目指すスタイルは最短最速で得点を奪う稲妻のような攻撃です。FWが前線でプレスをかけボールを奪い決定機を作る形や、1本のロングパスからチャンスメイクするといったものがその例に挙げられます。地区大会の決勝戦でも試合開始早々のセットプレーから先制。また、ゴールキーパーからのパス一本で決勝ゴールを奪うなど、目指す形で得点を奪いました。伝統の球際での激しさから生まれる堅守に加えて、目標とする攻撃の形を試合で表現できるかが勝利の鍵となります。

■去年の悔しさを胸に キャプテン桜庭平良選手

2年連続で初戦に長崎県代表と対戦することが決まった時、多くの選手たちが前回大会のリベンジの機会と感じていました。その中で「悔しさを晴らしたい」と静かに闘志を燃やしていたのがキャプテンの桜庭平良選手です。

昨年の全国大会1回戦、桜庭平良選手は2年生ながら10番を背負い先発フル出場を果たします。しかし、試合は先制するものの逆転負け。先輩方の涙する姿を見ながら「力になれなかった」と自分のプレーに対する悔しさが残りました。この気持ちを忘れずに、また全国で戦うことを目標に、1年間練習を積み重ねつかんだ全国の切符。キャプテンとして臨む今大会は「先輩たちのためにも絶対に勝つ」と意気込み、持ち味である縦への突破力、右足のシュート力を発揮し、「チームの攻撃の軸として自分の力を出し切りたい」と話しました。

18大会ぶりの選手権全国大会1勝へ。先輩方の思いも背負った北海イレブンの戦いがいよいよ始まります。

(取材・文:高校サッカー選手権民放43社/札幌テレビ)