×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「投手転向」トレンド入り…22歳・中日の根尾が異例の決断! 立浪監督がキャンプではMVPに指名

「投手転向」トレンド入り…22歳・中日の根尾が異例の決断! 立浪監督がキャンプではMVPに指名

2022年6月14日 12:27
「投手転向」トレンド入り…22歳・中日の根尾が異例の決断! 立浪監督がキャンプではMVPに指名
4年目で投手転向を決断した根尾昂選手
プロ野球・中日ドラゴンズの根尾昂選手が投手に転向することがわかりました。

2018年のドラフト会議、1位指名で巨人、ヤクルト、中日、日本ハムの4球団が競合した逸材。大阪桐蔭高校時代、2017年と2018年の選抜大会では優勝投手になり、18年の夏の甲子園ではショートとしても活躍し春夏連覇に貢献しました。

プロ入り後は野手に専念。3年目の昨シーズンは72試合に出場し、188打席で打率.178、53三振。

今年の春キャンプでは、野手が休養日の時も、球場に行き黙々とバッティング練習に取り組んでいた根尾選手。その熱心な姿に、立浪和義監督もキャンプMVPに指名しました。

それでも今シーズンはここまで26試合に出場し打率.211と、思ったような数字を残せずにいました。

転機は5月の広島戦。9点ビハインドの8回に1軍公式戦で初登板。初球で150キロを計測するなど、逸材の一端を見せていました。

そしてプロ野球では前例の少ない投手転向を決断。中日ファンだけではなくプロ野球ファンにも衝撃を与えSNSでは「投手転向」がトレンド入りしました。

ファンの中では賛否ある決断となりましたが「まずは同世代、小園選手、藤原選手を力でねじ伏せて、根尾はやっぱすげぇ!って思わせてほしい」「かつての浅尾みたいな感じになって欲しい」と投手・根尾へ期待が膨らむコメントが見受けられました。