×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「守備芸術すぎる」オリックスは初回からピンチ招くもサード・宗佑磨が超ファインプレー

「守備芸術すぎる」オリックスは初回からピンチ招くもサード・宗佑磨が超ファインプレー

2023年11月5日 19:07
「守備芸術すぎる」オリックスは初回からピンチ招くもサード・宗佑磨が超ファインプレー
オリックス・宗佑磨選手
プロ野球日本シリーズ第7戦 オリックス-阪神(5日、京セラドーム)

オリックスは初回、得点圏にランナーを置き、先制のピンチを招きますが、宗佑磨選手のファインプレーもあり、無失点で乗り切りました。

阪神、オリックスの両チームが3勝を挙げ、勝者が日本一となる第7戦。オリックスが勝利となれば、2年連続の6度目の日本一となります。

オリックスの先発マウンドには、日本シリーズ第2戦で6回無失点の好投を見せた宮城大弥投手が上がります。

しかし初回、先頭・近本光司選手にセンターへのクリーンヒットを許すと、続く中野拓夢選手に送りバントを決められ、1アウト2塁と得点圏にランナーを置きます。

一打先制のピンチとなりますが、3番・森下翔太選手を低めに落ちるフォークで空振り三振に抑えます。

それでもピンチは続き、打席には4番・大山悠輔選手。1ストライクからの2球目、痛烈な打球が三塁線へ飛び、外野へ抜ければ先制かという場面でしたが、これをサード・宗選手がダイビングキャッチ。

オリックスは初回のピンチを無失点で乗り切りました。

宗選手のファインプレーにSNSでは、「守備芸術すぎる」「天才やん」「メジャーリーガーみたい」「安心して見ていられる」などのコメントが寄せられています。