×

【卓球】伊藤美誠がパリ五輪のリザーブに言及「将来を背負っていく選手が経験すべき」

2024年2月27日 6:30
【卓球】伊藤美誠がパリ五輪のリザーブに言及「将来を背負っていく選手が経験すべき」
パリ五輪のリザーブについて言及する伊藤美誠選手
卓球・世界選手権女子団体の決勝で中国と激闘を繰り広げた日本代表選手が26日に帰国。記者会見ではパリ五輪のリザーブメンバーについて、伊藤美誠選手が消極的な姿勢を示す場面が見られました。

今大会の伊藤選手は2試合に出場したほか、ベンチで早田ひな選手、平野美宇選手、張本美和選手らにアドバイスを送る姿がSNSで“伊藤監督”と呼ばれるなど話題に。

そのサポートする姿から、伊藤選手のパリ五輪リザーブメンバー選出を願う声もありましたが、伊藤選手は「これから五輪に出場したい選手や五輪で金メダルをとりたい選手がリザーブとなって帯同するべきかなと私自身は思います」と自身の考えを語りました。

過去の五輪を振り返り「リオ五輪の時は平野(美宇)選手にすごくサポートをしてもらって、初めての五輪でたくさんの先輩方がいる中で同世代がいることが思いっきりできた理由でもあって、その中でメダルを取ることができた。東京五輪では早田(ひな)選手にサポートやアドバイスをたくさんしていただいて、早田選手がいてくれたから絶対に金銀銅をとることができた」と、献身的にサポートした同学年の2人に感謝の思いを伝えた伊藤選手。

その上で、「平野選手、早田選手がやってくれてたことを、私自身リザーブは今後将来を背負っていく選手が経験すべきだなと思ってます」と、より若い選手が担うべきだと語りました。

女子のパリ五輪リザーブ選手は5~6月ごろに決定する見込みです。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【卓球】伊藤美誠がパリ五輪のリザーブに言及「将来を背負っていく選手が経験すべき」