×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「ジェスチャー我慢した方が…明後日は登板」 見逃し三振の大谷翔平…審判の判定に珍しく不服あらわに!

「ジェスチャー我慢した方が…明後日は登板」 見逃し三振の大谷翔平…審判の判定に珍しく不服あらわに!

2022年5月17日 13:24
「ジェスチャー我慢した方が…明後日は登板」 見逃し三振の大谷翔平…審判の判定に珍しく不服あらわに!
ストライクの判定に不服な大谷翔平選手 写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ
◇MLB・16日(日本時間17日)テキサス・レンジャーズ対ロサンゼルス・エンゼルス

3番・指名打者でスタメン出場した大谷翔平選手。初回の第1打席にはチャンスの場面でタイムリーツーベースをマークします。

そして3回の第2打席、フルカウントで迎えた6球目。

外角高めに入ってきたの際どいコースのスライダー。大谷選手はボールと見極め、ミットに収まるとすぐに一塁方向に歩き始めます。

それでも審判はストライクの判定。

大谷選手は2度手を振り上げ、判定への不服を珍しくあらわに。天を仰ぎベンチにもどりました。この日の大谷翔平選手はこの打席でリズムを崩したのか、1安打3三振に終わりました。

見逃し三振のシーンにファンは「激おこな大谷選手」「ご立腹」と反応。

一方で、「確かに際どかったけど、あからさまに不満を表すジェスチャーは我慢した方が…。明後日は登板も控えてるので」と自身のピッチングの際の影響を心配するコメントも見受けられました。