日テレNEWS
スポーツ
2021年9月15日 22:40

ヤクルト小川 7奪三振無失点で阪神に勝利

ヤクルト小川 7奪三振無失点で阪神に勝利
(c)NNN

15日、プロ野球・ヤクルト対阪神が明治神宮野球場で行われ、ヤクルト・小川泰弘投手が先発投手としてマウンドに上がりました。
初回、前日の試合でホームランを放っている阪神・マルテ選手を見逃し三振で抑えます。

さらに3回には阪神の2番・中野拓夢選手と3番・糸原健斗選手を連続で空振り三振に抑える圧巻のピッチング。その後も好投を続けた小川投手はこの日、8回途中まで111球を投げ、被安打6、奪三振7、無失点の好投で今季8勝目を挙げました。

試合は1-0でヤクルトが完封勝利。首位阪神とのゲーム差は2.5となりました。