×

高橋由伸が日本シリーズ第4戦を解説 「三振で抑えないといけない」場面でオリックス宇田川優希が完璧リリーフ

2022年10月27日 10:45
高橋由伸が日本シリーズ第4戦を解説 「三振で抑えないといけない」場面でオリックス宇田川優希が完璧リリーフ
高橋由伸さん

野球解説者の高橋由伸さんが26日の日本テレビ「news zero」に生出演し、日本シリーズ第4戦の解説をしました。

まずオリックスが1点リード迎えた5回。

先発の山岡泰輔投手が1アウトから3ベースヒットを打たれ、同点のピンチを迎えると、中嶋聡監督が2番手として宇田川優希投手をマウンドへ送ります。

この起用について、「バットに当てられると同点に追いつかれる可能性が非常に高くなる場面。とにかく三振で抑えないといけない。勝負所と踏んだ中嶋監督がブルペンで1番三振をとれそうな宇田川投手を思いきって投入した」と解説。

その宇田川投手は山崎晃大朗選手をフォークで空振り三振を奪うと、続く山田哲人選手もフォークで見逃し三振。

このピンチを切り抜けると、続く6回もイニングまたぎで登板。このイニングも無失点に抑え、1回2/3を無失点4奪三振と完璧なリリーフを見せました。

その後オリックスは7回から山﨑颯一郎投手が2イニングを無失点、9回のイニングをワゲスパック投手が無失点に抑え、日本シリーズ1勝目をあげました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 高橋由伸が日本シリーズ第4戦を解説 「三振で抑えないといけない」場面でオリックス宇田川優希が完璧リリーフ