日テレNEWS
スポーツ
2021年12月4日 20:19

横浜ナンバー18 新旧対談 小園x番長

横浜ナンバー18 新旧対談 小園x番長

プロ野球・DeNAは4日、ファンフェスティバルを行い、スペシャル企画としてドラフト1位の小園健太投手と“ハマの番長”三浦大輔監督の対談を行いました。

小園投手は和歌山県出身で三浦監督は奈良県出身と同じ関西の出身。三浦監督は横浜に上京してきた先輩としてアドバイスを送りました。

「自分も高卒できたときは右も左も分からず、横浜も初めてでしたから。住めば都というか、本当にいろんな先輩とかに声かけていただいて、横浜が一番好きな街になりましたからね。小園もこれからどんどん横浜で成績残して、第2の故郷じゃないですけど、そうなっていってくれたらなと思います」

監督の言葉にうなずいた小園投手。今季は三浦監督が付けていた背番号18を付けることが決まっています。

三浦監督が「小園がこの18番をもっと大きくしてもらって、自分の番号にしてもらったらなと思います」と話すと、「横浜の18番という番号は本当に重い番号だと思っているので、『横浜の18といえば小園』と言われるような結果を残せるように、頑張っていきたいなと思います」と小園投手。

オンラインで見ているファンに向けて背番号18を披露しました。

その背中に「似合ってる。背中も大きいよね」と三浦監督も笑顔を見せました。

また、書道が得意という小園投手は来季の目標を色紙に書いて披露。

選んだ言葉は「信頼」でした。

「チームメートの皆さんからも信頼してもらえるようなピッチャーになりたいです」と話した小園投手に三浦監督は「力強い字で本当に自分の気持ちを込めて書いているので、その信頼を1つずつ積み重ねていってもらえたらなと思います」とエールを送りました。

写真:球団提供