日テレNEWS
スポーツ
2021年12月5日 15:28

Jリーグ ベストヤングプレーヤー候補発表

Jリーグ ベストヤングプレーヤー候補発表

Jリーグは5日、2021年シーズンのベストヤングプレーヤー賞の対象選手を発表しました。

優秀選手賞を受賞した荒木遼太郎選手(19、鹿島)、東京五輪でも活躍したGK谷晃生選手(21、湘南)など18選手が対象に選ばれています。

ベストヤングプレーヤー賞は当該シーズンの12月31日に満21歳以下で、J1リーグ出場数が19試合以上の選手が対象となります。受賞選手は6日に発表されます。

◆ベストヤングプレーヤー候補
荒木遼太郎(鹿島)
松村優太(鹿島)
細谷真大(柏)
安永玲央(横浜FC)
谷晃生(湘南)
畑大雅(湘南)
田中聡(湘南)
鈴木唯人(清水)
松岡大起(清水)
奥野耕平(G大阪)
西尾隆矢(C大阪)
小林友希(神戸)
鮎川峻(広島)
東俊希(広島)
宮代大聖(徳島)
藤田譲瑠チマ(徳島)
大畑歩夢(鳥栖)
中野伸哉(鳥栖)

写真(左)荒木遼太郎選手、(右)谷晃生選手 

写真:アフロ
写真:西村尚己/アフロスポーツ