×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ソフトバンク“泥沼7連敗” 9回サヨナラ場面もデスパイネがゲッツー 代打・川瀬の強烈ファーストライナーで試合終了

ソフトバンク“泥沼7連敗” 9回サヨナラ場面もデスパイネがゲッツー 代打・川瀬の強烈ファーストライナーで試合終了

2023年7月15日 17:31
ソフトバンク“泥沼7連敗” 9回サヨナラ場面もデスパイネがゲッツー 代打・川瀬の強烈ファーストライナーで試合終了
ソフトバンク・藤本博史監督
プロ野球パ・リーグ オリックス3-2ソフトバンク(15日、PayPayドーム)

6連敗中のソフトバンクは首位オリックスとの3連戦初戦。先発は3年ぶりにアメリカから日本へ復帰した有原航平投手がマウンドに上がります。

初回有原投手はヒットと死球で1、2塁のピンチを背負うと、5番頓宮裕真選手にツーシームをライト前に運ばれ得点を許します。その後は、打たせて取るピッチングで得点を許さず、味方の援護を待ちます。

一方、打線は、オリックスのエース山本由伸の前に得点を奪えず。4回、先頭の牧原大成選手と近藤健介選手の連続ヒットでノーアウト1、3塁の絶好のチャンスを作るも、4番柳田悠岐選手、5番栗原陵矢選手、6番デスパイネ選手が凡退。5回にもノーアウトからランナーを出すも、9番甲斐拓也選手、1番中村晃選手からヒットは生まれず、スコアボードには0が並びます。

すると6回、ここまで1失点に抑えていた有原投手が頓宮選手に11号ソロHRを浴び、0-2とリードを広げられる展開。ソフトバンクは7回、山本投手から7番三森大貴選手が2号ソロHRでこの試合初得点を奪うも、追いつくことはできず。試合は1-3の2点ビハインドで、9回裏ソフトバンクの攻撃を迎えます。

その9回、代わったオリックス・山崎颯一郎投手からノーアウト1、2塁。ホームランが出ればサヨナラ勝利のチャンスを作るも、デスパイネ選手がダブルプレー。それでも三森選手がこの日3安打目となるタイムリーを放ち2-3と1点差。さらにチャンスは続き2アウト1、2塁、オリックスのピッチャーは3番手・宇田川優希投手。しかし最後は代打・川瀬晃選手が強烈な打球を放つも、ファースト頓宮選手のジャンピングキャッチでファーストライナー。悔しさでヘルメットを地面にたたきつけた川瀬選手、ソフトバンクはあと1点が届きませんでした。

先発有原投手が7回2失点の好投を見せるも、7連敗となったソフトバンク。打線はこれで6試合連続で2得点以下、得点力不足に苦しむ試合展開が続いています。