日テレNEWS
スポーツ
2021年12月17日 23:05

侍ジャパン 新コーチングスタッフ決定

侍ジャパン 新コーチングスタッフ決定

NPBエンタープライズは17日、2022年3月に開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2022」に出場する侍ジャパントップチームのコーチングスタッフを発表しました。

▽ヘッドコーチ(背番号90) 白井 一幸(60歳)
▽打撃コーチ(背番号77) 吉村 禎章(58歳)
▽外野守備・走塁コーチ(背番号87) 清水 雅治(57歳)
▽投手コーチ(背番号81) 吉井 理人(56歳)

ヘッドコーチには2017年まで、栗山英樹監督の下で日本ハムの内野守備走塁コーチ兼作戦担当を務めた白井一幸さんが就任。打撃コーチの吉村禎章さんは、今シーズンまで巨人の一軍作戦コーチを務めていました。外野守備・走塁コーチの清水雅治さんは、今年東京五輪に出場した侍ジャパンでも同職を務め、金メダル獲得に貢献。投手コーチの吉井理人さんはロッテの来シーズンピッチングコーディネーターに就任が決まっています。

打撃コーチに就任する吉村禎章さんは巨人を通じ、「日の丸を背負って戦うことができることは、野球人としてとても光栄に思います。また、同時に責任の重さも感じています。日本野球の底力を存分にお見せできるよう、栗山監督のもとで一丸となります。WBC優勝を目指して、全力を尽くせるよう、しっかりと準備をしていきたいと思います」とコメント。

なお、NPBエンタープライズによると、追加のコーチングスタッフは決まり次第、発表される予定とのことです。

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2022」は、来年3月5日と6日にチャイニーズ・タイペイを東京ドームに迎えて開催する予定で、栗山新監督が率いる侍ジャパンにとってはこの大会が初陣となります。

写真:日刊スポーツ/アフロ