×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 7月27日以来ちょうど1か月ぶりの阪神戦白星 巨人・原監督が中継ぎ陣をねぎらう「よく投げた」

7月27日以来ちょうど1か月ぶりの阪神戦白星 巨人・原監督が中継ぎ陣をねぎらう「よく投げた」

2023年8月28日 16:02
7月27日以来ちょうど1か月ぶりの阪神戦白星 巨人・原監督が中継ぎ陣をねぎらう「よく投げた」
先発メンデス投手の後をしっかり抑えた巨人の中継ぎ陣(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 巨人4ー2阪神(27日、東京ドーム)

阪神戦では7月27日以来、ちょうど1か月ぶりの白星を挙げた巨人。試合後に原辰徳監督は、先発・メンデス投手の後を継いだ中継ぎ陣をねぎらいました。

「先発ピッチャーが本来の流れ、リズムという部分がね・・・よく2点で抑えたといえば抑えたしね。その後も田中千晴がよく投げたと思いますね。6回(バルドナード投手)、7回(高梨雄平投手)、8回(菊地大稀投手)そうですね、よく投げたと思いますね」

先発のメンデス投手は3回に近本光司選手に死球を与えてから、ボーク、捕逸、悪送球で1点を失いました。その後も気を取り直して、2アウト目を取りますが、4番の大山悠輔選手にこの日、3個目のフォアボールを与え、交代に。

「あそこはわかりやすい反省点ですよ」と語った原監督。「やっぱり、バッテリー間でのね、ひとり相撲という言葉があるけど、2人相撲が正しいんじゃないの」と続けました。

29日からは大阪と岐阜での主催試合。大きく負け越している広島との3連戦です。「これからは1戦1戦重要でね。カープにはやられっぱなしですから、選手もしっかりと対策を講じているでしょうし、われわれもしっかり戦っていきたいと思います」と述べました。