×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 門脇誠の走塁が光った!巨人が苦手伊藤将司から勝ち越しの3点目 岡本和真のタイムリーで生還

門脇誠の走塁が光った!巨人が苦手伊藤将司から勝ち越しの3点目 岡本和真のタイムリーで生還

2023年8月27日 16:57
門脇誠の走塁が光った!巨人が苦手伊藤将司から勝ち越しの3点目 岡本和真のタイムリーで生還
門脇誠選手がヘッスラで生還(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 巨人ー阪神(27日、東京ドーム)

2-2の同点で迎えた8回、巨人は2アウトから北村拓己選手がフォアボールを選びます。

ここで代走に選ばれたのは門脇誠選手。坂本勇人選手の打席ですかさず盗塁を決め、阪神の伊藤将司投手にプレッシャーをかけます。結局坂本選手もフォアボールを選び、2アウト1、2塁で打席には4番の岡本和真選手が入りました。

この日、伊藤投手に無安打に抑えられていただけになんとか1本出したいところです。カウント2-2からの5球目、143キロのまっすぐをレフト前に運ぶと、門脇選手が3塁を蹴って、本塁に向かいます。レフトから返球がかえってきますが、スムーズな“ヘッスラ”でホームイン。巨人が勝ち越しを決めました。

この後、丸佳浩選手がセンターへのタイムリーを放ち、さらに1点を追加。伊藤投手はここでお役ごめんとなり、降板しました。