×

高木菜那マススタート決勝逃す パシュート団体に続く“最終コーナー転倒”に「言葉にならない」

2022年2月19日 18:05
高木菜那マススタート決勝逃す パシュート団体に続く“最終コーナー転倒”に「言葉にならない」
最終コーナーで転倒し決勝進出を逃す高木菜那選手 (写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
北京五輪・大会16日目(2月19日)スピードスケート・女子マススタート準決勝

平昌五輪では金メダルを獲得した高木菜那選手が19日、女子マススタートの準決勝に出場。転倒によって決勝進出とはなりませんでした。

前回大会の平昌五輪から採用されたマススタート。高木選手は初代王者として、今回もメダル獲得が期待されていました。

ラスト1周で先頭に立った高木選手。このまま問題なくフィニッシュを迎えるかと思われましたが、最終コーナーでまさかの転倒。くしくも4日前に行われたスピードスケート・女子団体パシュートとほぼ同じ場所でのアクシデントでした。

この光景にSNS上では「こんなことってあるの?」「言葉にならない」「トラウマにならないでほしい」と、今大会2つのレースで転倒してしまった高木選手に同情する声が集まっています。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 高木菜那マススタート決勝逃す パシュート団体に続く“最終コーナー転倒”に「言葉にならない」