×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • マジック点灯へ大仕事 ヤクルト小川泰弘 7回無失点の好投&先制打 ファンも「あっぱれ」

マジック点灯へ大仕事 ヤクルト小川泰弘 7回無失点の好投&先制打 ファンも「あっぱれ」

2022年9月11日 17:18
マジック点灯へ大仕事 ヤクルト小川泰弘 7回無失点の好投&先制打 ファンも「あっぱれ」
投打で活躍したヤクルトの小川泰弘投手(C)YDB
プロ野球セ・リーグ DeNA-ヤクルト(11日、横浜スタジアム)

ヤクルト・小川泰弘投手が7回無失点の好投に、打者としては先制タイムリーを放つなど、二刀流の活躍を見せました。

初回はDeNA打線を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せますが、2回から5回まではランナーを背負いながらの投球。

4回には2本のヒットで1アウト1、2塁と、この試合最大のピンチを招くも、宮崎敏郎選手を見逃し三振、ソト選手をレフトフライに抑え得点を与えません。

そして6回と7回は再びDeNA打線を三者凡退に抑え、流れを渡しませんでした。

そして打っては5回に試合の均衡を破る先制タイムリーヒットを放ち、投打で躍動しました。

SNSでは「小川投手あっぱれです」「投打ともに最高です」「これがエースの投球か」と称賛のコメントが多く寄せられています。