×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ストライダーが大谷翔平からMLB史上最速の200奪三振目を記録&12勝目 ファンも「ストライダーの日に勝てたら苦労せん」

ストライダーが大谷翔平からMLB史上最速の200奪三振目を記録&12勝目 ファンも「ストライダーの日に勝てたら苦労せん」

2023年8月2日 11:37
ストライダーが大谷翔平からMLB史上最速の200奪三振目を記録&12勝目 ファンも「ストライダーの日に勝てたら苦労せん」
スペンサー・ストライダー投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
MLB ブレーブス 5-1 エンゼルス(日本時間2日、トゥルイスト・パーク)

ブレーブスのスペンサー・ストライダー投手が、メジャー史上最速となる今季200奪三振目を、エンゼルスの大谷翔平選手から奪いました。

先発投手としてマウンドに上がったストライダー投手は、試合前時点で今季123回を投げ、199奪三振。200奪三振まであと1つとしていました。

初回、エンゼルスの先頭バッターにフォアボールを与えます。続く2番DHの大谷選手に対し、ストレート2球で2ストライクに追い込むと、続く3球目の変化球で空振り三振を奪いました。

これで、昨季自身が記録した130回を更新し、メジャー史上最速の123回1/3での200奪三振に到達しました。

ストライダー投手はこの日、大谷選手に対して2つ三振を奪うなど、6回2/3を投げ、奪った三振は9つ。今季の奪三振数を208まで伸ばし、奪三振率は驚異の14.44でメジャートップとなっています。

試合は5-1でブレーブスが勝利し、ストライダー投手が12勝目を挙げています。

ストライダー投手の活躍にSNSでは「ストライダーの日に勝てたら苦労せんよ」、「マジで良い投手」などの声が上がっています。