×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ラグビー日本代表】主将・姫野和樹がフランス語でスピーチ 集まったファンらの心を”ジャッカル”

【ラグビー日本代表】主将・姫野和樹がフランス語でスピーチ 集まったファンらの心を”ジャッカル”

2023年9月4日 6:23
【ラグビー日本代表】主将・姫野和樹がフランス語でスピーチ 集まったファンらの心を”ジャッカル”
フランス語でスピーチを行った姫野和樹選手
9月10日にラグビーワールドカップの初戦(VSチリ)を迎える日本代表。

現地時間2日にフランス南部のトゥールーズに入った日本代表メンバーは、3日に市庁舎屋があるキャプタル広場に集結しました。

その市庁舎屋で行われのはウェルカムパーティー。ここで、日本代表のキャプテン・姫野和樹選手がスピーチをしました。

まず日本語で、「スピーチの練習をしてきたので」と話します。

するとここから、自身の口でフランス語で話し始めました。

「こんにちはみなさん。

私の名前は、姫野和樹です。

日本のラグビーチームのキャプテンです。

皆様にとって私たちと過ごすのが楽しい時になるといいのですが。

どうもありがとうございます・・・」

とここまでフランス語で話すと、少し戸惑う様子の姫野選手でしたが、一文が出てこなかった様子。

ここから英語で「ごめんなさい、ちょっと待ってください」と話し、携帯のメモを確認します。すると、集まった会場のお客さんからは温かい拍手が送られます。

「すみません、みなさまが応援してくれてどうもありがとうございます」と改めてフランス語でのスピーチを終えました。

ここでまたも温かい拍手が送られた姫野選手。ここから日本語で続けます。

「つたない日本語で申し訳なかったんですが、この地を離れる頃にはもっと上達しているように頑張りたい」と話した日本代表のキャプテン。地元ファンの心をがっちり“ジャッカル”しました。

◇日本代表のW杯スケジュール(日本時間)
9月10日 VSチリ
9月18日 VSイングランド
9月29日 VSサモア
10月8日 VSアルゼンチン