×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「大事に至らないとは思う」巨人・原監督 右太もも裏を気にして交代した坂本勇人について「(交代が)最善の策」

「大事に至らないとは思う」巨人・原監督 右太もも裏を気にして交代した坂本勇人について「(交代が)最善の策」

2023年8月9日 6:16
「大事に至らないとは思う」巨人・原監督 右太もも裏を気にして交代した坂本勇人について「(交代が)最善の策」
交代前には右太もも裏を気にしていた坂本勇人選手(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 阪神7-6巨人(8日、東京ドーム)

巨人の原辰徳監督は試合後、「ワンサイド的になるゲームをしぶとく、みんなで・・・届かなかったということですね」と振り返りました。

3回に交代した坂本勇人選手については、「大事に至らないとは思うんですが、きょうに関しては(交代が)最善の策ということですね」と述べました。坂本選手は6月23日の広島戦、試合開始の初打席で1塁に走っていく際に右太もも裏の肉離れを起こし、戦列を離れていました。7月28日に1軍復帰してからはチームをけん引。チームは前の広島戦でAクラスとなったものの、この日の敗戦で再びBクラスに転落しています。