日テレNEWS
スポーツ
2022年6月14日 20:48

日本はチュニジアに完敗 前半南野&鎌田が決定機を外し”後半3失点”

◇サッカーキリンカップ チュニジア3-0日本(14日、パナソニックスタジアム吹田)

サッカー日本代表はカタールW杯に同じく出場するアフリカのチュニジアに敗れました。

雨の中、ピッチが滑るコンディションの中行われた試合、日本は前半大きな決定機を迎えます。

前半28分、フリーキックを獲得すると、キッカーの鎌田大地選手がゴール前へ浮き球を送ります。こぼれ球はペナルティエリア中央にいた南野選手のもとへ。右足を振り抜きますが、空振りに終わり、得点することができません。

前半35分には、伊東純也選手が右サイドから抜け出し飛び込んだ飛び込んだ鎌田選手へ。しかしうまくミートすることができず、枠を捉えることはできませんでした。

日本は後半8分、DF吉田麻也選手が相手選手を倒しPKを与え失点。さらに後半31分、アディショナルタイムにも追加点を奪われました。失点後、古橋亨梧選手、三笘薫選手、堂安律選手、久保建英選手ら攻撃的な選手を相次いで投入しましたが、得点を奪えず。3-0の完封負けを喫しています。