×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「また?1点遠すぎん?」ヤクルト6回も好機で得点ならず “毎イニング出塁”も未だ無得点

「また?1点遠すぎん?」ヤクルト6回も好機で得点ならず “毎イニング出塁”も未だ無得点

2022年10月26日 21:12
「また?1点遠すぎん?」ヤクルト6回も好機で得点ならず “毎イニング出塁”も未だ無得点
一打逆転のチャンスで三振に倒れたヤクルト・中村悠平選手
プロ野球日本シリーズ第4戦 オリックス―ヤクルト(26日、京セラドーム)

ヤクルトが6回に一打逆転のチャンスを作るも、無得点に終わりました。

1点を追いかけるヤクルトは6回、先頭の村上宗隆選手がフォアボールで出塁します。その後ワイルドピッチで2塁、続く内野ゴロの間に3塁へと進み、1アウト3塁のチャンスを迎えたヤクルト。

ここで打席に入った青木宣親選手はフォアボールで出塁、サンタナ選手の三振の間に進塁して2アウト2、3塁とチャンスを広げます。

得点が欲しい場面でしたが、中村悠平選手がオリックス・宇田川優希投手のストレートに空振り三振に倒れ、またも無得点に終わりました。

初回から毎回ランナーを出すも無得点に終わっているヤクルト打線に、SNS上では「また?1点遠すぎん?」「あと一本なのになあ」などファンからコメントがあがっています。