×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【日本シリーズ】ヤクルトの三冠王・村上宗隆 第一打席はセカンドゴロ ヤクルト好機も初回先制ならず

【日本シリーズ】ヤクルトの三冠王・村上宗隆 第一打席はセカンドゴロ ヤクルト好機も初回先制ならず

2022年10月26日 19:14
【日本シリーズ】ヤクルトの三冠王・村上宗隆 第一打席はセカンドゴロ ヤクルト好機も初回先制ならず
ヤクルト・村上宗隆選手
プロ野球日本シリーズ第4戦 オリックス―ヤクルト(25日、京セラドーム)

ヤクルトは初回、1アウト1塁2塁のチャンスで4番・村上宗隆選手がこの日最初の打席を迎えるも、セカンドゴロに終わりました。

前日の第3戦を制し、2勝(1分け)としたヤクルトは初回、先頭の塩見泰隆選手がセンター前ヒットで出塁します。すると、続く山崎晃大朗選手の送りバントがオリックスの先発・山岡泰輔投手のミスを誘い、ノーアウト1塁、2塁とします。

その後1アウトとなり打席を迎えたのは、史上最年少で三冠王を達成した、ヤクルト・村上宗隆選手。

3球連続でボールとなり、フォアボールかと思われましたが、オリックスバッテリーは勝負の構え。村上選手は1ストライク後の5球目、チェンジアップを振り抜きましたが、セカンドゴロに終わりました。後続も倒れたヤクルト、初回に先制とはなりませんでした。