×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「最高の投球でした!」DeNA先発・大貫晋一 7回1失点の好投 村上を3打数無安打に抑える

「最高の投球でした!」DeNA先発・大貫晋一 7回1失点の好投 村上を3打数無安打に抑える

2022年9月11日 17:49
「最高の投球でした!」DeNA先発・大貫晋一 7回1失点の好投 村上を3打数無安打に抑える
DeNA・大貫晋一投手(C)YDB
プロ野球セ・リーグ ヤクルト1-0DeNA(11日、横浜スタジアム)

DeNAの先発・大貫晋一投手は強力ヤクルト打線を相手に、7回7奪三振1失点の好投を見せました。

大貫投手は4回までランナーを背負う回もありながらヤクルト打線を相手に無失点で切り抜けます。

5回に自らの暴投でピンチを2アウト3塁に広げると、小川泰弘投手に先制タイムリーを打たれ1点を失います。

それでも6回は三者凡退。そして7回は2アウト2、3塁と、この試合最大のピンチを背負いますが、バッターの小川投手をサードゴロに仕留め、2点目は許しませんでした。

また3冠王の期待がかかるヤクルトの村上宗隆選手を、第1打席は見逃し三振、第2打席はレフトフライ、第3打席はセンターフライと無安打に抑え、仕事をさせませんでした。

7回1失点の好投を見せ降板した大貫投手にSNSでは「右のエースに足るだけの最高の投球でした!」「大貫投手ナイピだった!1点で抑えてくれてありがとう!」と、大貫選手を称賛する投稿が並びました。