×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ヤクルト3回に4失点 ショート長岡秀樹がファインプレーも、先発・高梨裕稔が四球&タイムリーで崩れる

ヤクルト3回に4失点 ショート長岡秀樹がファインプレーも、先発・高梨裕稔が四球&タイムリーで崩れる

2022年9月16日 19:55
ヤクルト3回に4失点 ショート長岡秀樹がファインプレーも、先発・高梨裕稔が四球&タイムリーで崩れる
ヤクルト・高梨裕稔投手(左)、長岡秀樹選手(右)
プロ野球セ・リーグ 中日ーヤクルト(16日、バンテリンドーム)

ヤクルトが3回、4失点を喫しました。

3回、先発の高梨裕稔投手は幸先良く2アウトを取りますが、中日の大島洋平選手、阿部寿樹選手に対し連続のフォアボール。2アウトから1、2塁のピンチを背負います。

ここで迎えるのは4番・ビシエド選手。3球目を打たれると、これが三遊間を抜けようかという当たりに。しかしショート・長岡秀樹選手がダイビングキャッチ。送球はできなかったものの、長打での失点を防ぐファインプレーで、高梨投手を助けます。

しかし2アウト満塁で、打席には5番・木下拓哉選手。3球連続ボールと不利なカウントとなり、5球目。スライダーが高めに外れ、押し出しで先制の1点を許しました。

さらに続いて迎えるのはマルティネス選手。1点で抑えたいところでしたが、初球のストレートを捉えられます。打球は左中間のフェンスに直撃する長打となり、この間に走者が全員生還。3点の追加点を許しました。

長岡選手の好守もありましたが、4点を失ってこの回を終えています。