×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • バックホームはセーフ。前回で完封勝利 阪神・伊藤将司先制許す「先制されると弱いんだよぉ…」

バックホームはセーフ。前回で完封勝利 阪神・伊藤将司先制許す「先制されると弱いんだよぉ…」

2022年5月29日 15:26
バックホームはセーフ。前回で完封勝利 阪神・伊藤将司先制許す「先制されると弱いんだよぉ…」
好送球もセーフ。阪神の先発・伊藤将司投手がロッテの8番・高部瑛斗選手に先制のタイムリーヒットを許す
プロ野球セ・パ交流戦 ロッテ-阪神(29日、ZOZOマリン)

阪神は前回登板で完封勝利をあげた伊藤将司投手が先発しました。

しかし2回、ヒットとフォアボールで2アウト2塁1塁のピンチを招きます。

すると安打数リーグ2位の8番・高部瑛斗選手がレフトへのヒットを放ちます。この当たりに2塁ランナーが一気にホームを狙います。阪神のレフト・小野寺暖選手が好返球も、判定はセーフとなり先制を許しました。

阪神ファンはSNSで「先制点取られたら勝てる気せん」「阪神は先制されると弱いんだよぉ…」と早くもこの先の試合展開を悲観するコメントがあがっています。

さらに伊藤投手は3回にもレアード選手に2点タイムリーツーベースを打たれ、3回までに3失点しています。