日テレNEWS
スポーツ
2022年7月8日 13:07

NBAサマーリーグ ドラフト全体1位・マジックのバンケロが堂々デビュー

NBAサマーリーグ ドラフト全体1位・マジックのバンケロが堂々デビュー
NBAサマーリーグでデビュー戦を飾った2022年ドラフト全体1位のP.バンケロ選手(写真:AP/アフロ)

◇NBAサマーリーグ(8日、ラスベガス)

日本時間8日、米プロバスケットボール協会(NBA)がラスベガスでのサマーリーグを開催。NBAドラフトの指名選手ら注目選手が出場しました。

サマーリーグはドラフトで指名を受けた選手のみならず、NBA実績のない選手など多数が出場し、今後のチーム契約にもつながる登竜門とされています。

日本からは4人目のNBAプレーヤーを目指す馬場雄大選手がゴールデンステート・ウォリアーズの一員として「カリフォルニア・クラシック・サマーリーグ」に参加していました。

8日からNBA球団全30チームが出場する「NBA 2K23サマーリーグ2022」が開幕。開幕カードはヒューストン・ロケッツ対オーランド・マジックの1戦。

マジックのドラフト全体1位指名、パオロ・バンケロ選手はパワーフォワードでスタメン出場。3ポイントシュート2本を含む、17得点6アシストの活躍で、91ー77で勝利に貢献。堂々のデビューを飾りました。

ラスベガスでのNBAサマーリーグは日本時間18日まで行われ、今後馬場選手の出場に期待がかかります。