×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 65年ぶりの快挙 山本由伸が3年連続で沢村賞を受賞 選考は一騎打ち「東くんと山本くん2人の争いになりました」

65年ぶりの快挙 山本由伸が3年連続で沢村賞を受賞 選考は一騎打ち「東くんと山本くん2人の争いになりました」

2023年10月30日 17:00
65年ぶりの快挙 山本由伸が3年連続で沢村賞を受賞 選考は一騎打ち「東くんと山本くん2人の争いになりました」
3年連続沢村賞に選ばれたオリックス・山本由伸(写真:時事)
日本野球機構(NPB)は30日、オリックス山本由伸投手が沢村賞に選ばれたことを発表しました。3年連続は、金田正一さんの1958年以来65年ぶりとなります。

今季活躍した両リーグの先発・完投型投手のうち、最も優れた投手に贈られる沢村賞。この日行われた選考委員会には、元ソフトバンク監督・工藤公康さん、堀内恒夫さん、平松政次さん、山田久志さんが出席し、決定します。

選考基準は以下の通りです。
①15勝以上の勝利数
②150以上の奪三振数
③10以上の完投試合数
④2.50以下の防御率
⑤200イニング以上の投球回数
⑥25以上の登板数
⑦6割以上の勝率

平松さんは「東くん、山本くん、この2人の争いになりました」と、DeNA・東克樹投手との一騎打ちだったことを明かしました。

山本投手は今季、最多勝(16勝)、最優秀防御率(1.21)、最多奪三振(169個)、最高勝率(.727)の成績を残しており、史上初となる3年連続で投手4冠を達成。選考基準も4項目(①②④⑦)満たしており、候補に上がりました。

一方DeNAの東投手も最多勝(16勝)、最高勝率(.842)の投手2冠を達成。防御率も1.98をマークするなど、選考基準を3項目(①④⑦)クリアして候補に上がり、『ダブル受賞』の話も出たと言いますが、成績を見て山本投手に軍配が上がったと説明しました。

2013、2014年以来の選考委員に就任した工藤さんは、「東くんは3敗しかしていない。勝ち星は山本くんと同じ。しかし選考基準を4項目クリアしている。そして2年連続で取っていて、今年もしっかりと成績を残したという評価の部分が、東くんよりも上だったと僕自身も思いましたので、私も山本くんを推薦させていただきました」と選考理由を話しました。