×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【セ・リーグ順位表】広島が単独2位浮上 首位・阪神とはゲーム差わずか「1」 ヤクルトに大敗の巨人は借金生活へ

【セ・リーグ順位表】広島が単独2位浮上 首位・阪神とはゲーム差わずか「1」 ヤクルトに大敗の巨人は借金生活へ

2023年7月17日 8:00
【セ・リーグ順位表】広島が単独2位浮上 首位・阪神とはゲーム差わずか「1」 ヤクルトに大敗の巨人は借金生活へ
7月16日試合終了時点のセ・リーグ順位表
プロ野球セ・リーグは16日、各地で3試合が行われました。

3位・広島は2位・DeNAと対戦。ゲーム差「0」で迎えたこの試合、2回にデビッドソン選手の2ラン本塁打で先制するも、6回・7回に1点ずつを返され同点とされます。しかし8回、DeNA守備陣のエラーでチャンスを作ると、野間峻祥選手が勝ち越しのタイムリーヒットを放ち、勝ち越し。上位対決を連勝し、広島が単独2位に浮上しました。

中日と対戦した首位・阪神は、先発の伊藤将司投手が序盤から好投を見せるも、4回に細川成也選手にソロ本塁打を打たれ先制を許します。5回には2アウト満塁のチャンスをつくるも得点することができません。1点ビハインドで迎えた7回にはさらに2点を許した阪神は、中日・先発のメヒアを前に3安打と伊藤将司投手を援護することができず敗戦。この結果、2位・広島とのゲーム差が「1」に縮まりました。

4位・巨人は5位・ヤクルトと対戦。初回に秋広優人選手のソロ本塁打で先制するも、4回に先発・メンデス投手が中村悠平選手の3ランなどで4点を失い逆転されます。さらに2番手でマウンドに上がった田中千晴投手も崩れ5失点。投手陣が精彩を欠いた巨人は大敗。借金「1」となりました。

<16日の結果>

◆広島3-2DeNA
勝利投手【広島】ターリー(5勝0敗1S)
敗戦投手【DeNA】伊勢大夢(2勝3敗1S)
セーブ【広島】矢崎拓也(4勝0敗16S)
本塁打
【広島】デビッドソン9号

◆中日3ー0阪神
勝利投手【中日】メヒア(2勝0敗)
敗戦投手【阪神】伊藤将司(3勝4敗)
セーブ【中日】マルティネス(1勝1敗23S)

◆ヤクルト10-3巨人
勝利投手【ヤクルト】高橋奎二(4勝5敗)
敗戦投手【巨人】メンデス(1勝3敗)
本塁打
【巨人】秋広優人7号、吉川尚輝4号
【ヤクルト】中村悠平4号