×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「残り物だったので気楽でした」ソフトバンク小久保新監督が初のドラフトで“高校生No.1左腕”の交渉権獲得

「残り物だったので気楽でした」ソフトバンク小久保新監督が初のドラフトで“高校生No.1左腕”の交渉権獲得

2023年10月26日 18:58
「残り物だったので気楽でした」ソフトバンク小久保新監督が初のドラフトで“高校生No.1左腕”の交渉権獲得
交渉権を引き当てたソフトバンク・小久保裕紀監督(写真:時事)
プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(26日)

ドラフト会議1位指名でソフトバンクは2度目の抽選で、大阪桐蔭高校の前田悠伍投手を獲得しました。

ドラフト会議で初めての抽選を経験したソフトバンクの小久保裕紀新監督は「1回目のくじも2回目のくじも、残り物だったので気楽でした」と振り返りました。

高校生左腕として、世代No.1と名高い前田投手については、「高校生の中ではダントツナンバーワンという評価を聞いていますので、球団として1年目からどのくらい投げさせるのかはこのオフに球団と相談しながら起用を考えていきたい」と話しました。

監督して最初の指名となった選手となりますが、「球界を代表する投手、侍ジャパンにも選ばれる、日本を代表する投手になってほしい」と大きな期待を寄せました。

また、「初めてだったので、ふだんはテレビで見ている側だったので、向こうからはどういう顔で映っているのかだいたい想像はつきました」と笑いました。