×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「絶対ヒットだと思ったのに..」日本ハム・松本剛 好機生かせずBIGBOSS悔しさあらわす

「絶対ヒットだと思ったのに..」日本ハム・松本剛 好機生かせずBIGBOSS悔しさあらわす

2022年6月5日 17:53
「絶対ヒットだと思ったのに..」日本ハム・松本剛 好機生かせずBIGBOSS悔しさあらわす
阪神の守備に阻まれ同点タイムリーとはならなかった日本ハム・松本剛選手
プロ野球セ・パ交流戦 阪神-日本ハム(5日、甲子園球場)

1点ビハインドの8回、2アウト2塁のチャンスで松本剛選手がセンターフライに倒れ、新庄剛志BIGBOSSは悔しさをあらわにしました。

阪神1点リードの8回、マウンドにあがったのは湯浅京己投手。湯浅投手の前に日本ハム打線は2アウトまで抑えられます。

しかし、代打・淺間大基選手はファーストのエラーで出塁すると、さらに盗塁を決めます。

続く打席にはパ・リーグトップの打率を誇る松本選手。なんとか同点に追いつきたい場面でしたが、打球は前進守備をしていたセンター・近本光司選手のグラブの中へ。同点タイムリーとはなりませんでした。

カメラにはベンチでBIGBOSSが悔しがる姿が映し出されました。ファンからも「ごーくん惜しいくやしい」「絶対ヒットだと思ったのに..」といった声が寄せられました。