×

日本原電敦賀原発2号機 原子炉直下の断層が将来動く可能性は 規制委7月にも判断

2024年6月7日 16:44
日本原電敦賀原発2号機 原子炉直下の断層が将来動く可能性は 規制委7月にも判断
2日間の断層調査が終わる(7日敦賀原発2号機)

日本原電敦賀原発2号機の再稼働審査で、原子力規制委員会は2日間の現地調査を終え、原子炉直下の断層が将来動く可能性について、7月をめどに判断する方針です。

原子力規制委員会は日本原電が再稼働を目指す敦賀原発2号機について、6日と7日の2日間にわたって現地調査しました。

規制委員会は先週の会合で、原子炉北側の「K断層」について、「活断層である可能性が否定できない」との見解を示していて、今回は、このK断層が原子炉直下にある断層とつながっているかどうかを見極めるため、ボーリング調査のサンプルなどを確認しました。

原子力規制委員会 石渡明 委員
「7月というのが目途になる。我々としてはそこをめどにして、その時期までに結論を出したいと考えている。」

原子炉直下の断層について、日本原電は動く可能性を否定していますが、今後の審査会合で主張が認められなければ再稼働は難しくなります。

    福井放送 福井放送
    • FBC NEWS NNN
    • 日本原電敦賀原発2号機 原子炉直下の断層が将来動く可能性は 規制委7月にも判断