日テレNEWS
カルチャー
2022年2月19日 19:56

元野犬“ウォンカ” 西島・芳根に懐くも佐野勇斗は拒否「バラエティー的には100点だけど…」

元野犬“ウォンカ” 西島・芳根に懐くも佐野勇斗は拒否「バラエティー的には100点だけど…」
元野犬のウォンカとふれあう芳根京子さんと西島秀俊さん

俳優の佐野勇斗さんが、19日放送の日本テレビ系『I LOVE みんなのどうぶつ園』に出演。同居している元野犬のウォンカを、ドラマ『真犯人フラグ』で共演する俳優の西島秀俊さんと芳根京子さんに紹介しました。

現在、佐野さんはウォンカが人間に心を開くように“預かりボランティア”としてひとつ屋根の下で一緒に暮らしています。預かった初日はケージから出てこなかったウォンカでしたが、手からのエサ食べやトイレトレーニングをクリアすることで、佐野さんと少しずつ仲良しに。

共同生活7日目には、佐野さんがウォンカの嫌がることを「前から来ること」「目を見られること」「俊敏な動き」と理解し、それを避ける形でスキンシップに成功。添い寝をしたり、ウォンカが佐野さんの後をついて回ったりするなど、和やかに時が過ぎました。

さらに佐野さん以外の人にも慣れてもらうため、現在佐野さんが出演しているドラマ『真犯人フラグ』の撮影現場へ同行。愛犬家の西島さんが慣れた手つきで頭をなでると、ウォンカはすっかり落ち着いた様子で、西島さんは「嫌がらない。全然近づけないぐらいだったんでしょ?」と目を細めました。

続けて「佐野きゅんがここで働いているんだよ」とウォンカに呼びかけたため、佐野さんが現場で皆から“佐野きゅん”と呼ばれていることが明らかに。西島さんは「佐野きゅんの力だよ。こうやって触らせてくれたりしてさ。頑張ったよ」とその努力を褒め、芳根さんも「佐野きゅんの愛が伝わったんだね」と喜びを分かち合いました。

西島さんは、ウォンカと暮らし始めたころの佐野さんについて「“懐いてほしいな。エサあげてもおびえながら食べていて…”ってへこんでた」と語り、佐野さんも「2人に弱音をはいていた」と告白。

その後のウォンカは、おやつのササミを初対面の2人の手から食べましたが、なぜか佐野さんがあげようとすると、顔を横に向けて“プイッ”と拒否。佐野さんは「バラエティー的には100点だけどさ…。俺との絆を見せつける日でしょ…。俺からだけ食べない」と悲しんでいました。