日テレNEWS
カルチャー
2022年2月25日 23:10

adieu(上白石萌歌) クリスマスに “半袖” でロケ 新曲のMV撮影

adieu(上白石萌歌) クリスマスに “半袖” でロケ 新曲のMV撮影
上白石萌歌さんの音楽活動名義『adieu(アデュー)』

俳優、上白石萌歌さん(21)が音楽活動名義の『adieu(アデュー)』として3月2日に2枚目シングル『穴空きの空』をリリース。そのミュージックビデオをadieuさんの動画投稿サイトで公開しました。

adieuさんは2017年、RADWIMPS・野田洋次郎さんが作詩作曲を担当した楽曲『ナラタージュ』でデビュー。その歌声は、「時を止める歌声」と称され、多くの反響を呼びました。さらに、アーティストの“一発撮り”パフォーマンスを披露するYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で、記念すべき第1回目のゲストとして登場するなど、注目されています。

新曲『穴空きの空』は、日本テレビ系で放送中のテレビアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章のエンディングテーマになりました。

ミュージックビデオは、“愛”や“大切なこと”を教えてくれた人のことを考えながら、2人の思い出の地を巡るストーリー。撮影は2021年12月、静岡県・伊東市で行われました。寒風吹きすさぶ中、adieuさんは半袖の衣装で、歴史あるホテルや湖畔など、多くのシチュエーションで撮影したということです。
また、撮影日はクリスマス当日ということもあり、adieuさんが撮影スタッフに差し入れする場面もあったといいます。

adieuさんは新曲について「この曲に登場する人たちはみんな孤独で、愛を手繰り寄せようとしているようなイメージを持ちました。地上というよりも天上、広い宇宙を感じさせるワードがちりばめられているので、浮遊感を大切に歌いました」とコメントしています。