日テレNEWS
カルチャー
2022年5月25日 21:54

元TBSアナ・吉田明世「中側はドロドロ」 アナウンサー界の嫉妬事情を明かす

元TBSアナ・吉田明世「中側はドロドロ」 アナウンサー界の嫉妬事情を明かす
フリーアナウンサーの吉田明世さん

フリーアナウンサーの吉田明世さんが、25日放送の『上田と女が吠える夜』に出演。TBSの新人アナウンサーだったころ、人間関係で肌が荒れるほどのストレスがあったことを明かしました。

番組MCの上田晋也さんから「ねたましいと思うことはあるか?」と問われた吉田さんは、「学生まではそんなになかったんですけど、アナウンサーになるとねたまざるを得ない」と告白。続けて「意地悪とかじゃないんだけど、みんな賢いので、フタをしてるけど、中側はドロドロ」と、アナウンサーの世界には嫉妬が渦巻いていると自身の思いを明かしました。

するとタレントの大久保佳代子さんが、以前、他の番組で吉田さんと仕事をしていたころを振り返り「ねたみ過ぎて肌荒れがすごかった」と暴露。それに対し、吉田さんは「ねたんだ数だけ(吹き出物が)1つずつ出てくる」と、人間関係から肌が荒れてしまうほどのストレスだったことを語りました。

■吉田「ショック」 新人アナ時代にストレスを感じたエピソードを告白

さらに吉田さんのアナウンサーにまつわるトークはヒートアップし、今度は『“私が断った仕事なんだよね” と言ってくる女』というテーマでトークを展開。吉田さんは「新人のころに大きめのバラエティー番組のアシスタントが決まって、すごく嬉しくて。そしたら “明世ちゃん、あの仕事受けることになったよね。ごめんね、私スケジュール合わなくて断っちゃったの。やってくれてありがとう” って言ってくる人がいたんですよ」と熱弁。

わざわざ代役であると伝えられたという話に、上田さんは「そりゃ吹き出物もいっぱい出てくるわな」と同情。吉田さんは「仕事がきただけありがたいんですけど、ちょっとショック」と、新人アナウンサー時代のぶっちゃけトークを披露し、スタジオを盛り上げました。