×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • ディズニーシーの新テーマポート 開業日決定 『ファンタジースプリングス』6月6日にオープン

ディズニーシーの新テーマポート 開業日決定 『ファンタジースプリングス』6月6日にオープン

2023年10月26日 16:11
ディズニーシーの新テーマポート 開業日決定 『ファンタジースプリングス』6月6日にオープン
ファンタジースプリングスのイメージビジュアル (C)Disney
東京ディズニーランドや東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは26日、東京ディズニーシーの8番目の新テーマポート『ファンタジースプリングス』の開業日が6月6日に決定したことを発表しました。

■入場にはパークチケットの他にも…

『ファンタジースプリングス』への入場および『ファンタジースプリングス』内の対象アトラクションの利用には、無料の『スタンバイパス』や有料の『ディズニー・プレミアアクセス』の取得が必要となるということです。

8番目のテーマポートとして新たに誕生する『ファンタジースプリングス』は、『アナと雪の女王』、『ピーター・パン』、『塔の上のラプンツェル』を題材にした3つのエリアと1つのホテルで構成され、4つのアトラクション、4か所の飲食施設、1か所の商品施設をオープン。総開発面積は約14万平方メートル、投資額は約3200億円にのぼります。4つのアトラクションはすべて、世界の他のパークにはない東京ディズニーシーのオリジナルだということです。

新テーマポートは、ロストリバーデルタとアラビアンコーストの間からつながる『ファンタジースプリングス』の巨大な岩の入り口には魔法の泉があり、ディズニーファンタジーの世界へといざないます。その魔法の泉には、アナとエルサ、ラプンツェル、ピーターパンといったこのテーマポートを代表するディズニーキャラクターが表現されているということです。

■総面積はディズニーランドを上回ることに

2019年5月の工事着手からオープンまで約5年。2001年の東京ディズニーシー開業以来最大となる今回の拡張を受け、東京ディズニーシーの総面積は、東京ディズニーランドを上回るということです。