×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 西川きよし、人生を “愛車” と共に振り返る 初購入した車は相方・やすしさんと同じだった

西川きよし、人生を “愛車” と共に振り返る 初購入した車は相方・やすしさんと同じだった

2022年6月4日 22:00
西川きよし、人生を “愛車” と共に振り返る 初購入した車は相方・やすしさんと同じだった
これまでの人生を愛車と共に振り返った西川きよしさん
2022年2月に運転免許証を返納した漫才界の重鎮・西川きよしさん(75)が、これまでの人生を歴代の“愛車”と共に振り返りました。

■タクシー運転手だった父親の車に憧れ『トヨペット・マスター』

西川さんが8歳のころ、父親が事業で失敗。家計が苦しくなり西川さんは、学校に通いながら青果店や新聞配達などのアルバイトをして家族を支えていました。

目まぐるしい日々を過ごす中で楽しみだったというのが、タクシー運転手として働き始めた父親が運転していた『トヨタ トヨペット・マスター』に乗ることだったそうです。『トヨペット・マスター』は、1955年にトヨタ自動車から誕生した車で、タクシー業界では営業車として広く普及していたモデルです。

西川さんは当時、『トヨペット・マスター』に憧れていたそうで、「父が帰宅すると、車の中でハンドルを回して遊んだり、貧しかったので、小銭が落ちてないかとか、よく探していました」と思い出を語り、「父の影響でタクシー運転手になりたいと思っていたんです」と当時抱いていた夢を明かしました。

■『三菱360』と対面 母の優しさを思い出し涙…

西川さんが中学校3年生のころ転機が訪れます。タクシー運転手の父親が病を患い入院。高校進学を断念することになった西川さんは、車が好きという理由で、自動車整備工場で働くことになります。

その時よく修理していたというのが『三菱360』。1961年、三菱自動車の軽4輪自動車の先駆けとして誕生した車で、西川さんにとってはとても思い入れがある1台。この車を見ると母親との思い出がよみがえるそうで「仕事を終えて、家に帰ると毎日、母親が料理して待っていてくれるんです。『きよし、今日はどうだった?』って…。母の応援もあり毎日、頑張りました」と、当時の母親の優しさを語り思わず涙ぐむ場面もありました。

■初愛車は、相方・やすしさんも購入した『日産 ダットサン・ブルーバード』

そして工場で働いていた西川さんに、さらなる転機が。作業中にやけどを負ってしまいを退社することになります。その後、工場の同僚の勧めで、芸の道へと進みます。

17歳で吉本興業に所属すると、横山やすしさんと漫才コンビ『やすしきよし』を結成。『上方漫才大賞』の新人賞を受賞するなど、漫才師として軌道に乗り始めた22歳のころ、人生で初めて車を購入しました。その車は、シャープなスタイリングと、高い実用性で人気を博していた『ダットサン ブルーバード』。相方のやすしさんもこの車を購入しコンビで所有していたそうで、「やすしさんは、(自分より)ちょっと遅れて買いました。あのせっかちな人がね」と、やすしさんよりも先に購入したことを明かし、「自分の収入で購入できたことがすごいうれしかった。まさに“ドリーム”です」と興奮気味に語りました。

■妻・ヘレンに怒られ、車を買い替え

初めて車を購入したときにはすでに、同じ吉本興業に所属していたヘレンさんと結婚していた西川さん。しかし、ヘレンさんは2ドア式でコンパクトな車内の『ブルーバード』に不満があり、“こんな乗りにくい車を買って!!”と、家族のことを考えていないと激怒されたそうです。

そこで家族のために新しく買い替えたのが、当時人気だったコークボトルライン(コーラの瓶のように、中央部がくびれて前後部が膨らんだ形)を採用し、ゆとりある車内が魅力の『日産・セドリック』。当時を振り返り西川さんは、「なぜ高級車のセドリックを買えたかというと、この時にレギュラーが1本か2本増えて、収入的にも大丈夫だと思って買ったんです。広い車内なので家族も喜んでくれました」と懐かしみました。

(6月4日放送のBS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴』を再構成)