×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 日経平均小幅安 米株価指数先物下落などで売り優勢も…円安傾向で輸出関連銘柄などに買い注文

日経平均小幅安 米株価指数先物下落などで売り優勢も…円安傾向で輸出関連銘柄などに買い注文

2023年2月21日 16:59
日経平均小幅安 米株価指数先物下落などで売り優勢も…円安傾向で輸出関連銘柄などに買い注文

21日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に値を下げ、取引を終えました。終値は前の日に比べて58円84銭安い2万7473円10銭でした。

前の日のアメリカ・ニューヨーク市場が休場で判断材料が少ない中、アメリカの株価指数先物の下落などを受け、21日の東京市場は売り注文が優勢でした。

一方、円相場が円安傾向であることから、輸出関連銘柄や割安と感じられた銘柄には買い注文が入り、日経平均株価はプラスに転じる場面もありました。

東証プライムの売買代金は概算で2兆2796億円、売買高は概算で10億663万株。