日テレNEWS
経済
2015年3月19日 13:46

セブン&アイ グループ16社の合同入社式

セブン&アイ グループ16社の合同入社式
(c)NNN

 流通大手セブン&アイ・ホールディングスの合同入社式が19日に行われ、グループ16社の新入社員が社会人としての一歩を踏み出した。

 セブン&アイの入社式には、去年より約100人多い1331人が出席した。新たにバーニーズジャパンやニッセンがグループ入りしたことに加え、イトーヨーカ堂の新入社員が昨年度の39人から112人に増えた。

 グループでは、スーパーストア事業では苦戦が続く一方、コンビニエンス事業を展開するセブン-イレブン・ジャパンの売り上げは好調で、来年度には国内では過去最高となる1700店を出す計画。

 各社ごとの研修はすでに始まっているところもあり、早ければ来週にも店頭に立つ新入社員もいるという。