日テレNEWS
経済
2015年6月1日 12:35

6月前半の野菜卸売価格は“2割以上高め”

6月前半の野菜卸売価格は“2割以上高め”
(c)NNN

 農林水産省は6月前半の野菜の卸売価格について、主な14品目のうち13品目で平年より2割以上高めとなる見通しをまとめた。

 農林水産省では、東京都中央卸売市場の主な野菜の卸売価格を集計している。それによると、6月前半の価格は「白菜」「ジャガイモ」「レタス」「タマネギ」など主な野菜14品目のうち13品目で平年より2割以上高めとなる見通しだという。関東を中心に4月以降、雨不足で野菜の生育が遅れたことが要因。

 農林水産省は「今後、梅雨入りすれば価格が落ち着く品目もある」としている。