日テレNEWS
経済
2015年12月7日 22:02

東芝・室町社長“課徴金、受け入れる方針”

東芝・室町社長“課徴金、受け入れる方針”
(c)NNN

 不正会計をめぐり、金融庁から過去最大の課徴金支払いを命じられる見通しの中、東芝の室町正志社長は7日午後、「特段の事情がない限り、課徴金の額を認める方針だ」と述べ、陳謝した。

 室町社長「皆さまの信頼を裏切り、市場を混乱に陥れる事態を招いたことにつき、深くおわびを申し上げます」

 東芝は不正会計処理をめぐって、金融庁から73億円超の課徴金支払いを命じられる見通しで、室町社長は、特段の事情がない限り、この額を受け入れる方針を示した。

 また、田中前社長や佐々木前副会長ら5人の元役員らに対して、東芝は先月、3億円の損害賠償請求の訴えを起こしているが、課徴金支払い命令の内容を反映して、この請求額を拡大する方針。

 一方、東芝の執行役以上の33人について、今年度の賞与を支払わないと発表した。