日テレNEWS
経済
2016年5月10日 15:17

複数の日本企業「租税回避の目的はない」

 “パナマ文書”に挙がった複数の日本企業は「租税回避の目的はない」としている。

 ソフトバンクグループでは2007年に、当時、子会社だったソフトバンクBBが中国企業との取引上、バージン諸島の会社に出資したもので、租税回避の目的ではないとしている。

 東洋エンジニアリングはイランの企業と合弁会社を設立する際、相手の都合でバージン諸島に登記したものの出資せず終わったという。

 一方、東京個別指導学院は調査の結果、「租税回避地に目的のいかんを問わず法人を設立したという事実はない」としている。

 取材した中には「なりすましで会社を作られた」と答える企業もあり、勝手に名前を使われた可能性も出ている。

 また、去年、カリブ海のアンギラ島に登記していた別の会社では、将来、日中関係が再び悪化することを懸念して親会社が日本企業とわからないようにするため法人登記したと述べている。