日テレNEWS
経済
2022年1月27日 14:29

“コロナ禍”詠む 「サラリーマン川柳」ベスト100発表

“コロナ禍”詠む 「サラリーマン川柳」ベスト100発表

働く人たちの今をユーモアたっぷりに詠む「サラリーマン川柳」。優秀作品ベスト100が発表されました。

今回のサラリーマン川柳には全国から6万句以上の作品が寄せられました。長引くコロナ禍で定着したテレワーク。

こんな経験はありませんか?
「女房も 子供も見てる 照れワーク」

使う機会が増えたメールなどの通信ツールも…。
「誤って 上司のコメント ハート押す」

通勤や飲み会のスタイルも変わりました。
「通勤は 襖一枚 約二秒」
「家飲みで あふれる缶に 妻カンカン」

そんな生活が長くなった結果…?
「このスーツ 出社するとき 入るかな」

ーーそして、やはり妻の本音はこれでしょうか。
「やっぱりね 亭主出勤 留守がいい」

主催する第一生命は100の句の中から一般投票でトップ10を選び、5月下旬に公表する予定です。