日テレNEWS
経済
2021年9月2日 12:31

“巣ごもり”拡大 一部のワイン販売休止に

“巣ごもり”拡大 一部のワイン販売休止に
(c)NNN

世界的な巣ごもり需要の拡大で、物流用のコンテナが不足している影響が、ワインにも出ています。

ワインメーカーの「メルシャン」は、今月から段階的に一部のワインの販売を家庭用、業務用ともに休止することを決めました。対象となるのは、アメリカ産の原料と、日本産の原料を日本でブレンドしてつくっている「フランジア」というシリーズです。

休止の背景には、新型コロナウイルスの感染拡大で、世界的に巣ごもり需要が急増していることによる物流の停滞があります。

特にアメリカとの航路が混み合っていて、メルシャンではアメリカから原料用のワインが輸入できなくなったとしています。このためこのシリーズの主力となる赤ワインと白ワインの10種類の商品について、在庫が無くなり次第、販売を休止します。再開の見通しはたっていないとしています。