日テレNEWS
経済
2021年12月1日 15:16

「顔が見える農業」へ 農水省×吉本興業

生産者の顔が見える農業を目指し、農林水産省が吉本興業とコラボすることが発表されました。

手軽に食べられるものが増え生産者の顔が見えにくい現状を受け、農水省が吉本興業とコラボして、食に関するコンビ名の芸人が農業の現場を取材しました。

「COWCOW」は、みそ汁に牛乳を入れたらおいしくなる、牛乳を飲めば電気ビリビリが痛くないという噂を検証しています。「銀シャリ」は、オナラに含まれるメタンを減らす技術を見学しプロジェクトのホームページで動画を公開しています。

銀シャリ・橋本直さん「楽しくお勉強できるという感じになっております。なぜこういう取り組みをされてるのかも分かりますから、ぜひ見ていただきたい」

農水省では、食や生産者に興味を持ってほしいとしています。