日テレNEWS
国際
2022年6月16日 10:26

モデルナ・ファイザー“生後6か月以上接種”米FDA諮問委が勧告

アメリカのFDA=食品医薬品局の諮問委員会は、モデルナとファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて、接種対象を生後6か月以上に拡大することを勧告しました。

FDAは15日、専門家らによる諮問委員会を開き、新型ウイルスワクチンについて、モデルナは生後6か月から5歳までファイザーは生後6か月から4歳までの乳幼児への接種に関する協議を行いました。

協議後に行われた投票の結果、これまで認められていなかった生後6か月以上に接種対象を拡大することを全会一致で勧告しました。

モデルナは2回、ファイザーは3回の接種が必要だとしています。

これを受け、FDAは近く最終判断することになり早ければ来週にも乳幼児へのワクチン接種が可能になる見通しです。