日テレNEWS
国際
2010年5月3日 8:51

北朝鮮・金正日総書記が中国入りか

 3日、北朝鮮・金正日総書記が中国を訪問したもよう。06年以来約4年ぶりで、08年夏に健康を悪化させてからは初めての国外訪問となる。

 日本時間3日午前6時20分過ぎ、北朝鮮からの特別列車が国境を越え、中国側の町・丹東に到着した。駅の周辺には厳戒態勢が敷かれ、姿を確認することはできなかったが、中国の消息筋は金総書記の訪中が近いという見通しを示しており、金総書記が中国入りしたとみられる。

 これに先だって、丹東では2日夕方から国境を結ぶ橋や駅の周辺への立ち入りが禁止され、警備当局が国境を望める一部のホテルから宿泊客を退去させるなど、警備が強化されていた。

 金総書記は、胡錦濤国家主席ら中国の指導部と会談するとみられる。北朝鮮では09年末に行った通貨改革が混乱を招き、経済難が深刻になっていることから、金総書記は中国側に支援を求めるとみられる。